-->

神戸製鋼所とコベルコ建機が水素燃料電池ショベルの開発を加速

~高砂製作所に水素供給?稼働評価のための環境を整備~

2024年5月22日

株式會社神戸製鋼所

株式會社神戸製鋼所(以下、神戸製鋼所)とコベルコ建機株式會社(以下、コベルコ建機)は、連攜をさらに強化し、水素燃料電池ショベルの開発を加速させていきます。まずは、神戸製鋼所の高砂製作所に水素燃料電池ショベルへの水素供給と稼働評価環境を整備します。

神戸製鋼所とコベルコ建機は、カーボンニュートラルに向けた取り組みとして、水素関連技術の研究開発と、水素を利活用した製品化、事業化を進めています。

その一環として、コベルコ建機は水素を駆動源とした燃料電池式電動ショベルの実用化に向けた取り組みを2021年から進めてきており、2023年3月に試作機を完成させ、広島事業所內での基礎評価を続けてきました※1。しかし、今後、水素燃料電池ショベルの連続掘削評価を本格的に実施していくには、水素充填環境と掘削評価可能な環境が必要となり、その整備が大きな課題となっていました。

神戸製鋼所の高砂製作所は、「ハイブリッド型水素ガス供給システム※2」の実証試験を行うなど、KOBELCOグループの技術や知見を活用しながら水素関連技術の研究開発を進めるとともに、水素を利活用した事業化?製品化の拠點です。神戸製鋼所とコベルコ建機は、高砂製作所內に水素燃料電池ショベルへの水素供給と、現場を想定した掘削作業評価が行える環境を整備します。24年度中の運用、稼働開始を予定しています。

両社はこれまでも水素燃料電池ショベルの開発環境構築などで連攜してきましたが、これを機にさらに連攜を強化し、KOBELCOグループ全體で水素供給から利用までの課題解決を図っていきます。

KOBELCOならではの多様な事業や技術、人材のかけ算により、水素を「創る」「運ぶ?貯める」「使う」製品?サービスの開発に積極的に取り組んでいくことで、水素社會の構築に貢獻するとともに、「安全?安心で豊かな暮らしの中で、今と未來の人々が夢や希望を葉えられる世界?!工螌g現を目指していきます。

  • ※1:水素燃料による燃料電池式電動ショベル試作機開発の成果は、國立研究開発法人新エネルギー?産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業の結果、得られたものです。2021年に助成事業として、「燃料電池システムを搭載した油圧ショベルの研究開発と実証実験」が採択されました。

    ※2:中小規模の事業者様の水素導入のカギとなる「安定かつ安価な水素づくり」に対するソリューションを提供するもので、KOBELCOグループが持つ3つの製品?技術(液化水素から冷熱回収ができる液體水素気化器(IFV)、水電解式水素発生裝置(HHOG)、運転マネジメントシステム)より構成されます。

関連リンク

(注記)プレスリリースの內容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ

爽人人爽人人片a_精品国产不卡一区二区三区_精品国精品国产自在久国产_天天摸天天做天天爽
  • <samp id="evkon"><rp id="evkon"></rp></samp>
  • <bdo id="evkon"><span id="evkon"></span></bdo>
  • <tr id="evkon"></tr>
    <td id="evkon"></td><pre id="evkon"><strong id="evkon"></strong></pre>