-->

「合理的配慮について考える交流會」開催について

2024年6月20日

株式會社神戸製鋼所

當社は2024年6月11日に、ダイバーシティ西日本勉強會※1障がい者雇用推進チームが主催する、合理的配慮※2について考える交流會を當社神戸本社とオンラインで開催いたしました(當社以外の參加企業は大和ハウス工業株式會社、株式會社デンソーテン、讀賣テレビ放送株式會社の3社)。

合理的配慮について考える交流會

交流會は、第一部の基調講演と第二部のネットワーキングの2部構成とし、4社から約140名(オンライン含む)が參加しました。

基調講演では、講師に株式會社ミライロから原口淳氏(一般社団法人ユニバーサルマナー協會 認定講師)と石井匠氏を迎え、『合理的配慮』をテーマに、職場で合理的配慮を行うためのステップをご自身の経験談も踏まえながらお話いただきました。

ネットワーキングでは、各社の障がいのある社員19名が集まり、職場における合理的配慮の現狀や周囲とのコミュニケーションの取り方などについてざっくばらんに意見交換しました。

今回の交流會を通して、參加者からは、「他の障がいのある社員の方が、どのような場面でどのような配慮を求めているのかを知るいい機會になった?!埂刚悉い蚶斫猡筏皮猡椁Δ郡幛?、自分からもアクションを起こすことも大事だと感じた?!工胜嗓吻跋颏圣偿幞螗趣ⅳ辘蓼筏?。

當社グループは今後もダイバーシティ&インクルージョンを推し進め、「KOBELCOらしさ」の源である多様な個性を活かし続けるため、「組織の多様性を高める」取組みに注力してまいります。

  • ※1:ダイバーシティ西日本勉強會
    2004年に立ち上げ、定期的に勉強會を開催。參加企業50社で12の分科會に分かれ、LGBTQや女性活躍推進、男性の育児參畫、障がい者、女性の健康促進、ながらワーカーサポートなど、様々なテーマで各社の課題解決につながる研究を進めるとともに、年1回會員企業が集まり勉強會を開催するなど擔當者としての研鑽にも勵んでいます。

  • ※2:合理的配慮
    障害者から何らかの助けを求める意思の表明があった場合、過度な負擔になり過ぎない範囲で、社會的障壁を取り除くために必要な便宜のこと。

関連リンク

お知らせの內容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ

爽人人爽人人片a_精品国产不卡一区二区三区_精品国精品国产自在久国产_天天摸天天做天天爽
  • <samp id="evkon"><rp id="evkon"></rp></samp>
  • <bdo id="evkon"><span id="evkon"></span></bdo>
  • <tr id="evkon"></tr>
    <td id="evkon"></td><pre id="evkon"><strong id="evkon"></strong></pre>