-->

歴史?歩み

神戸製鋼所は、1905年に合名會社鈴木商店が、神戸?脇浜において小林清一郎氏の経営していた小林製鋼所を買収し、神戸製鋼所と改稱したことを発祥としています。
その後、1911年に鈴木商店から分離し、神戸市脇浜町に「株式會社神戸製鋼所」として設立しました。
當社グループは、創立以來、116年にわたって、素材系?機械系?電力事業を通じて、その時々の社會課題や要請に応えてきました。

項目

1900

日本の鉄鋼産業の拡大へ向け、グループの創設と事業基盤の整備?構築

日露戦爭後の日本海軍が民間工場育成方針を採る中で、呉海軍工廠をはじめ、舞鶴、橫須賀の各工廠より技術指導を受け、また注文を受けることでその規模を拡大しました。
  • 1905年
  • 創立
  • 鋳鍛鋼事業スタート
  • 1914年
  • 機械事業スタート
    空気圧縮機を開発開始(國內初)
  • 1916年
  • 鋼材事業スタート
  • 1917年
  • 銅事業スタート
  • 1926年
  • エンジニアリング事業スタート
    國內初のセメントプラント完成
  • 1930年
  • 建設機械事業スタート
    國産第一號の電気ショベル完成

1905

  • 1937年
  • 株式上場
  • アルミ事業スタート
  • 1940年
  • 溶接事業スタート
    溶接棒の生産開始(國産初)

1950

戦後いち早く鉄鋼の生産を再開
チタン工業化のパイオニアとしての地位を確立

日本の復興のため、終戦の3ヵ月後には線材の生産を再開しました。
また、1949年に日本で初めてチタンの研究開発に著手し、1955年には工業生産を開始しました。當社はチタンのパイオニアであると同時に、今ではチタンの溶解から最終製品まで手がけるチタン総合メーカーに成長しています。
  • 1955年
  • 金屬チタン事業スタート
    國內初の工業生産開始
  • 1959年
  • 銑鋼一貫體制の確立
  • 1960年
  • ニューヨーク事務所開設

1950

鉄鋼?非鉄と機械の複合経営の基盤を構築
KOBELCOブランドとして海外へ

銑鋼一貫體制の加古川製鉄所の設立、還元鉄/新製鉄プラントビジネスの開始等、それぞれの事業の拡充を図り、複合経営の基盤を構築しました。
また、「KOBELCO」ブランドの制定により、國內外において當社グループの技術、製品、事業活動に関する認知度が高まりました。
  • 1962年
  • 海外プラント事業スタート
    日本初のプラント輸出(東パキスタン)

1905

  • 1968年
  • タイに製造拠點開設
  • 1970年
  • 加古川製鉄所完成

1905

  • 1975年
  • 新交通システム
    沖縄國際海洋博會場での「海洋博KRT」運転開始
  • 1979年
  • 國際統一商標として「KOBELCO」ブランド制定
  • 溶接ロボットARCMAN™開発

1905

  • 1983年
  • 米國Midrex社買収
    還元鉄/新製鉄プラントビジネスを開始

1905

  • 1988年
  • 米國統括會社設立
  • 1990年
  • 米國で自動車用溶融亜鉛めっき鋼板の製造?販売拠點を設立

1950

震災復舊から競爭力向上へ都市型発電所の新スタイルで地域社會の復興へ貢獻

1995年の阪神?淡路大震災で被災。神戸製鉄所(現在の神戸線條工場)で高爐が損傷するなど多大な被害があったものの、2ヵ月半で高爐を再稼働させるなどして、神戸の震災復興のシンボルになりました。
また、2002年には、製鉄業での自家発電のノウハウ等を活かし、電力供給事業を開始。今日に至るまで神戸市及び阪神地區の電力供給率向上に貢獻しています。
  • 1996年
  • 電力卸供給事業(IPP)參入
  • 2000年
  • 「企業倫理綱領」制定
  • 2002年
  • 神戸発電所1號機営業運転を開始

1905

  • 2004年
  • 中國に汎用圧縮機の製造?販売拠點を設立
  • 神戸発電所2號機営業運転を開始

2005

次の100年へ向けて
グループ経営?事業體制の強化

2005年に創立100周年を迎え、當社グループの更なる総合力を高めるため、海外統括會社を設立するなど、グループ経営?事業體制の強化を実施しました。
  • 2006年
  • 「企業理念」策定
  • 中國自動車用特殊鋼線材加工拠點稼働開始
  • 米國自動車サスペンション用アルミ鍛造工場稼働開始
  • 米國に非汎用圧縮機の製造?販売拠點を設立
  • 2009年
  • 中國統括會社設立
  • 2014年
  • 中國自動車用冷延ハイテンの製造?販売拠點を設立
  • 2016年
  • 天津アルミパネル工場稼働自動車向けアルミパネル材(日系企業初)

1905

  • 電力事業部門スタート

1905

2020

カーボンニュートラルへの挑戦サステナブルな社會の実現へ

2021年には、生産プロセスにおけるCO2削減と、當社グループ獨自の技術?製品?サービスによるCO2排出削減貢獻の2つの側面で、2030年の目標及び2050年ビジョンを策定しました。2050年のカーボンニュートラル達成に向けて、様々な事業において、施策を実行していきます。
  • 2017年
  • 「Next100プロジェクト」始動
  • 品質事案発覚→再発防止策の策定
  • 東南アジア及び南アジア地域統括會社設立
  • 加古川製鉄所への上工程集約

1905

  • スウェーデンQuintus社買収IP裝置の世界トップメーカー

1905

  • 2018年
  • 米國アルミ押出?加工品の製造?販売會社稼働開始
  • 2019年
  • 歐州地域統括會社設立
  • 真岡発電所1?2號機営業運転を開始
  • 2020年
  • 「グループ企業理念」制定
  • 2021年
  • 「KOBELCOグループ中期経営計畫(2021~2023年度)」を公表
  • (株)神鋼環境ソリューションを完全子會社化
  • 神戸発電所3號機営業運転を開始
  • 2022年
  • 低CO2高爐鋼材“Kobenable Steel”の商品化を発表
  • 三浦工業(株)との業務提攜開始
  • 神戸発電所4號機営業運転を開始予定

ページトップへ

爽人人爽人人片a_精品国产不卡一区二区三区_精品国精品国产自在久国产_天天摸天天做天天爽
  • <samp id="evkon"><rp id="evkon"></rp></samp>
  • <bdo id="evkon"><span id="evkon"></span></bdo>
  • <tr id="evkon"></tr>
    <td id="evkon"></td><pre id="evkon"><strong id="evkon"></strong></pre>